美濃屋 の 情報

 ◆店 名

御菓子司 美濃屋 (おんかしし みのや)
 ◆所在地 〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川1208-5
 ◆電 話 0573−68−2038
 ◆FAX 0573−68−7065
 ◆地 図
印刷される場合はこちらからどうぞ

御菓子司 美濃屋 の おいたち
 明治32年  岐阜県恵那郡坂本村(今の中津川市茄子川)の中山道沿いに 初代 西尾 一良 が『中嶋屋』としてせんべい屋を始めました。ご近所では「いちろうせんべい」と呼ばれ、主に歩いて量り売りをしていたようです。
 その後昭和10年頃、2代目 正春 が『西尾製菓舗』として商売を継ぎ、和菓子製造を始めました。この頃から「栗饅頭」など、焼饅頭も作り始め、「まんじゅうや」と呼ばれるようになったようです。この頃には自転車を使い、近くにあった兵舎へ饅頭を売りに出かけていたようです。
 そして、戦後の昭和40年頃、3代目 至弘 が『西尾商店』として駅の売店や地元のスーパーなどへ東濃地方の銘菓「からすみ」の納入を始め、中央自動車道開通に合わせてサービスエリアでも販売を始めました。
 その後昭和50年頃、店名を『美濃屋 西尾商店』に改め、それまでに商品の種類も増え、ほぼ現在のラインナップになっていたようです。
 平成10年には、4代目 基(現 社長) が家業を継ぎ、インターネットを利用した通信販売を始めました。インターネットでは当初「栗きんとん」の販売が主体で、他の和菓子は扱っていませんでした。
 そして更に平成15年、『有限会社 美濃屋』として会社を設立。この頃にはネットショッピングも徐々に普及し、和菓子の通販も一般的になってきました。
 私共美濃屋は、目新しい商品はございませんが、皆様の定番商品を目指して、日々和菓子製造に励んでおります。今後とも末永くご贔屓を、どうぞよろしくお願い申し上げます。


Copyright (C) 2003 by Minoya Ink. All Rights Reserved.